Brand Culturalization

書籍「ブランドカルチャライズ」
2022年8月5日発売

日本企業の海外ブランディング事業で培ったノウハウを、書籍「ブランドカルチャライズーあなたの商品を世界で売るマーケティングの技法」にまとめ、2022年8月5日(金)に発売します。
当社上海法人の総経理久保山と、副総経理の川崎の共著となります。

本書籍は、中国で日本企業のブランディング・マーケティングを支援しているbalconia上海での事例と経験を元に、日本の商品・サービスを海外に届けるための「マーケティング技法」を徹底解説します。
日本での成功事例を、そのまま海外で活かせることはほとんどありません。
海外特有の特性、国ごとの文化的背景と国民性を理解し、海外の消費者にも受け入れられるマーケティングのために、必要な「ブランドカルチャライズ®︎」という考え方は、進出先の国・地域の消費者の『知覚』に合わせてブランドの表現を調整する手法です。

実際に、多国展開を基本にしている多くの大手海外企業は、文化圏ごとに提供する商品自体に少し手を加えたり、デザインや伝え方をアレンジ(カルチャライズ)しています。

本書では、日本の商品やサービスを1から海外に届けるために、企画段階から現地での実行までの流れを、実務をベースに4つのステップに分けて解説していきます。
ブランドカルチャライズの4つのステップを実践することで、海外マーケティングの成功確率がグッと上がるはずです。

※ブランドカルチャライズ®︎は、AMBLの登録商標です。ブランドカルチャライズとは

本書の内容

  • 第1章ブランドカルチャライズとは
  • 第2章現地のバックグラウンドを理解する
  • 第3章市場とターゲットを理解する
  • 第4章ブランドの表現を調整する
  • 第5章コミュニケーション戦略のカルチャライズ

著者プロフィール

久保山 浩気(くぼやま こうき)
IMJ(現アクセンチュア)の事業部長として、日本のデジタルマーケティングに従事。その後、米系ブランディングファームのアカウンティングディレクターとして、米国のブランディング・マーケティングを経験。2015年より上海在住。balconiaには2017年の創業メンバーとして参画し、東京法人の戦略チーム、クリエイティブチームの管掌、および香港・上海法人の代表を務める。

川崎 訓(かわさき さとし)
インテージ・ホールディングスの中国事業統括を経て現職。2012年より上海在住。一貫してグローバルリサーチに従事。日系企業を中心に、消費者理解を軸とした海外マーケティングのサポートを続けている。balconiaでは、消費者インサイトを起点にマーケティング戦略立案やクリエイティブへの提案を担う。

書籍特典ブランドカルチャライズフレームワーク

ブランディングや制作・開発などの
ご依頼に関するお問い合わせはこちらから